飲み会の予算はおいくら?

お金に対するこころ

二次会 割り勘 コース料理 予備 ボトル
タクシー 奢り 泊まり 万が一 はしご 飲み放題

そろそろ10月も終わり、忘年会などのお話もし始める頃ではないでしょうか。

いわゆる飲み会になったときはとても楽しいですが
なかなか痛い出費になるときもありますよね。

皆さまは、予算など前もって決めずに飲み会に出かけるときは
どの程度の金額または事態を想定していきますでしょうか。

今回は皆さまが飲み会に参加するときに
どうなることまで想定して、どのくらいの金額を持って行くのかを調査しましたので
だいたい金額が少ない順から、その内訳や想定していることを紹介させていただきます。

特に飲み会は、割り勘で支払いになる事が多いと思いますので
いざお会計になったときにお金が足りなかった、なんてことにならないよう
少しでも参考になればと思います。



~5000円

あまり飲食はせずとも、割り勘になることを想定しての金額のようですね。
また、二次会や二件目のはしごなどは想定しない場合です。


10000円~

上記と同じ考えでかつ余裕を持つようにしている方や、二次会などを想定した場合ですね。
また、単純にいっぱい食べたりお酒を飲んだりするつもりなら
割り勘であることを考慮すればこの金額くらいは考えておいたほうがよさそうですね。


20000円~

交通費が高かったり、人より少し多めに払ったりすることを想定する場合です。
また、一次会二次会共に少し高い食事やお酒を飲むつもりであれば
この程度は持って行くべきと言えるでしょう。


30000円~

お会計時にまとめて支払いをしたり奢ったりする場合、人数によってはこれくらいいくでしょう。
また、タクシーの利用を想定していたとき、距離によってはタクシー代だけでも高い場合があるようですね。


50000円~

上記のようにまとめて支払いを済ませたりする場合に、
人数が多いときはそのぶん用意しなければなりません。
また、立場も年齢も上の方は、奢ったりすることも考えて多めに持って行っているようですね。




いかがでしたか。

自分がどれだけ飲んだり食べたりするのも関わってきますが、
基本的に割り勘であるとすると、同席する方の飲食の程度もさらに関係してきますので
思っていたよりも高くなるときがあります。

心配な方は想定している金額より一万円ほど多く持っていけば
なんとかなるくらいに思っておいていいかもしれませんね。

以上、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。