社会人までに身につけるべきこと

将来に対するこころ

敬語 マナー コミュニケーション SNS
英語 日本語 簿記 パソコン

学校にいる間に学べることといえば
勉学はもちろんですが、社会に出てから必要になるものも
たくさん身につける事ができますよね。

挨拶、提出期限、敬語、時間厳守
スポーツなどやっていれば体力、
部活全般で忍耐、上下関係など
思いつくだけでもこれだけ出てきます。

では、現在学生の皆様。
既に社会に出ている方々にあなた達が社会に出るまでに
「これだけは身につけてこい」
と思うことを調査してきました。

能力が高いのはもちろん理想的でしょうが、
いくら能力や学歴が高い人材でも
他の要素で評価を下げてしまわないために
その他に求められていることを確認してみましょう。



敬語・礼儀・マナー

現代社会ではフランクな雰囲気はまだ少し浮いてしまうかもしれません。
また、営業など会社の外で人と接する機会があるときは
自分だけでなく会社の評価も関係する可能性があるので注意。


漢字の読み書き、日本語の読解力

文字を書く機会がどんどん減っていっていると思いきや
漢字を書く場面は社会に出てからもあります。
また、連絡などスムーズに行うために日本語が読める事が求められます。


コミュニケーション能力

自分の仕事はもちろんですが、人との付き合いも多くなります。
また、人前での発言やプレゼンのような場面もあると思います。
社会の交流を円滑にするためにも、重要な能力ですね。


パソコン・ネットの知識

タイピングやOfficeなど最低限と言える技術ですね。
スマホが普及したおかげで、パソコンを使う機会も減ってきています。
仕事の効率化のためにも覚えておいて損はありません。


英語力

グローバルな活躍をするためには必要な言語ですね。
全く読めない、話せないという状態は避けたほうがいいかもしれません。




いかがでしたか。

昔からの一般的な常識から、
現代社会ゆえに要求される技術や知識までいろいろありますね。

社会人になってしまえば、あとは頑張るだけです。
自分の好きなことや、学びたいことに時間を取る事が難しくなってきますので
ぜひ、学べるときに存分に学んで欲しいと思います。

以上、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。