緊張した時の症状と抑え方

体に対するこころ

汗 強張り 震え 動かない 動悸 息の乱れ
失敗 水分補給 音楽 リラックス 落ち着く

人は誰だって緊張する場面はありますよね。

自分の意思に反して、体は言うことを聞かなくなるばかり。

緊張して現れる体の変化は人それぞれで
それぞれが違う悩みがあると思います。

今回は、皆様の緊張の抑え方を
緊張した時に現れる体の変化に合わせてまとめました。

緊張した時にどうしたらいいかわからない
緊張の抑え方を知りたいという方は
ご自身が緊張した時に現れる体の変化に合わせて
それぞれの抑え方の参考にしてみてはいかがでしょう。



体から汗が出る

体の一部、または全身から汗が吹き出る方はけっこういるようです。
前もって、または普段から汗のケアや制汗剤を使用したり
深呼吸で落ち着く、失敗を気にしないなどして抑えるそうですよ。

汗をかくこと自体は悪いことではありません。
自分の汗に気を取られてしまわないように割り切ってしまってもいいですね。


体が震えて動かなくなる

体全体が強張って力が入ってしまい
いわゆるガチガチになってしまう方ですね。
声も震えてしまうほどの場合は、水分補給をしておくのもいいです。

とにかく体をリラックスさせて、力を抜くようにしましょう。


お腹が痛くなる

胃にキュウと痛みが出る方や、トイレが近くなってしまう方です。
特に、トイレが近くなってしまうと大事な場面で辛いですよね。

とにかく気分転換。お腹の調子を整えておく。
トイレが近くなってしまったらできるだけ事前に済ませるようにしましょう。


息が整わなくなる・動悸

心臓がバクバクになって息が荒くなってしまう場合ですね。
結果、汗が出たり体が強張ったりしますので
前もって準備できる場合はしっかり準備して
自信満々でいけるような環境を作りましょう。




いかがでしたか。

私は緊張すると汗の量が増えるタイプです。
いろいろ試して見たいと思ったことがいくつかあったので
機会があれば実行して見たいと思います。

あなたは、なにか参考になるものはありましたでしょうか。

自分をリラックスさせることができるものを
用意しておくと、緊張した時に役立たせることができそうですね。

以上、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。