人が嘘をつく目的あれこれ

生活に対するこころ

冗談 誤魔化し 傷つけない 励まし 事実
騙す 虚偽 幸せ 後悔 浮気

人はたぶん一度は嘘をついたことがあると思います。

嘘とは
騙すという意味があります。

しかし、人がつく嘘は
騙すの一言で済むようなものなのか少し気になりました。

自分を守り相手を責める嘘があるなら
相手を守る嘘だってある気がするからです。

今回は嘘をどんな目的でついたのか
また、自分がその目的で嘘をつかれたら許せるかという
質問をしてみました。



嘘をどんな目的でついたのか


傷つけない・心配させないために嘘をついた


相手を励ますため


約束事や義務の放棄の言い訳のため


自分がつかれたら許さないと回答があった嘘


浮気


自分を偽った嘘


相手を貶める嘘




いかがでしたか。

自分を守る、または相手を責めるのみの嘘は
相手からつかれてほしくない嘘であるようです。

逆に、
相手を守るための嘘や
人間関係のための嘘は、必要な時もあるように思えます。

嘘も方便という言葉もあるくらいですから。

しかし中には、嘘をついたことで
自分の負担になることもあるようですから
責任を取れないような大きな嘘をついて
ご自身の重荷にならないように気をつけましょう。

以上、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。