いつか来る別れを考える

将来に対するこころ

思いやり 心配 感謝 恩返し 看取りたい
悲しい 寂しい 辛い 不安 孤独

好きな人とずっと一緒にいたい。

誰だってそう考えたくなるはず。

あなたと一生涯共に生きるパートナーとずっと一緒に幸せな時間を過ごせることを想像しましょう。
それはとても素晴らしいことですよね。

さらに時間は過ぎて、お互いに年を取っておじいさん・おばあさんになりました。

私たちはみんな寿命があり、いつかは死んでしまいます。
その時が何時かは誰も知ることができません。

あなたが先か

あなたのパートナーが先か

考えたくもないくらい悲しいことですが
いつか訪れるパートナーとの別れを真剣に考えていただき、
パートナーより先に逝きたいと思うかというアンケートを行ったところ

寂しい、悲しい、孤独などの不安さや看取ってあげたい、一人にさせたくないなど
自身の想いとパートナーへの想いが強く現れる結果となりました。

以下、アンケートで多かった回答や印象に残った回答の一部を紹介させていただきます。



パートナーより先に逝きたい


パートナーより後に逝きたい


一緒に逝きたいという声も


既にパートナーがお亡くなりになった方からもご回答いただけました。




いかがでしたか。

どちらの回答からも
先に逝かれるのは辛いという言葉が一番多かったです。
それから、パートナーへ向けた願いや配慮の言葉がどれもすばらしくて
私はこの記事を作成する間に何度も心を動かされました。

このアンケートの私自身の回答は「パートナーより後に逝きたい」です。
上記の回答とまるまる同じになるのですが、それに加えて私の考えを足すのなら
自分が死んだ後に誰かが向こうで待ってくれているかどうか、というポイントを考えた時に

逝く私をもしパートナーが迎えに来てくれるのなら、後からでもそんなに悪くない。

みなさんは、どう考えますでしょうか?

以上、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。